ブログ内検索

FC2カウンター



ピアノの祭典でショパンを聴く 

Category: 趣味ピアノびと  

ピアノ演奏を聴きに、みなとみらい小ホールに行ってきました。

「横浜市民広間演奏会 第46回特別演奏会 ピアノの祭典」というものです。
ご自宅のルームコンサートへお邪魔させて頂いている桑田葉子さんが出演するので、
前から2列目と言うかぶり付きで聴いてきました。
自由席なので、ピアニストの方の手や足が見えるところに座ったのでした。
(なんて勉強熱心なのでしょう・・・)

葉子さんのピアノは音に深みがあって安定していて、「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」は
このプログラム一番の迫力を出していました。
生で聴くグランドピアノの音は本当にいいなぁ~と心地よい時間でした。

悲愴第一楽章、革命、別れの曲、月光第一楽章、月の光など、今練習している曲や
次に弾きたいと思っている曲などが目白押しで、模範演奏を聴くまたとない機会にも
なりました。

2台ピアノのワルツもあり、アンコールには8手の迫力まで聴かせてもらえるという
贅沢なプログラム。
いよいよ、練習に身が入る!というものです。
(って ちょっと それは 影響受けすぎですけど・・・)

ここからは 感じたことをそのままに。
まず、ソプラノやバリトンの演目もあったのですが、あれは日本語に訳してうたう訳には
行かないのかしら?欲張りでしょうか。
声はすばらしいのに、何を歌っているんだかわからない、プログラム解説から推し測る意味合いを
考えて聴いているなんて、なんか変じゃない?って思うのは私だけかしら。
ドイツ語を観客に強いてる気分。

ヨーロッパの文化だから、そういうものだと思っていましたが、そろそろ日本語の世界に魔王も持って
来てもいいのじゃないかしら。
でも、そうですね、バリトンの練習をしている人は、原語で聴きたいのだから、仕方ないですね。

あと、そうですね、 ピアニストは舞台で声を発しても良いのではないかしら・・・と。
今回は演出があったので、ピアニストのその人達らしさがわかって良かったのです。でも
去年聴きに行ったベートーベンプログラムの方は、一切しゃべらず、演奏して礼だけして
舞台から去って行った時、ドレスを着たCDを聴きに来たのかと、感じちゃいました。

コンサートの形式によりけりでしょうけれど、無言で去って行くスタイルに変化が欲しいなと
感じましたね。ご意見は色々でしょうが。

 ピアノ弾きのすそ野の端のはしの隅っこにいる者として 練習しよう!とモチベーションが上がった
ひと時でした。


 2015_11_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2024_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

片づけアドバイザー

AUTEUR:片づけアドバイザー
NPO法人スーリールファム

理事の安井恭子です。

企業OL生活約20年の後、片づけが苦手な人を手伝ってあげたいと
勝手な使命感に燃え2012年マスターライフオーガナイザー取得(2019年脱退)
2014年にインテリアコーディネーター資格を取得し片づけアドバイザーに。
2017年4月よりNPO法人スーリールファム理事。



あなたの家を変身させます!
もちろん作業は一緒に!
本気で片づけたい人はお声がけ下さい。


最近の記事

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

講座申し込み、片づけサービスの申し込み

名前:
メール:
件名:
本文:

HP工事中に付きお手数をおかけしております。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター




PAGE
TOP.